So-net無料ブログ作成

続 心地よい疲労感 [Hちゃん(家庭教師)]

昨日に引き続き、Hちゃんの授業。

英語は、家庭教師で使っている教材の解き直し
(授業ではノートに解かせているので、直接書き込んでやる)とワークもう一種類分を宿題にしていました。

猛スピードで○付けをして、返却し、直して貰います。
直しを確認しながら、必要なことは解説を付けたし、更に、見えてくる弱点も指摘していきます。

「unit1は克服したね。ほぼOK。unit2、be動詞の完了形があやしい感じだねー。ここもう一度やり直しといたほうがいいよ。unit3は問題なさそうだね。」

「justだけで、ちょうど今、nowが入るとおかしいよ。これ勘違いポイントだね。今ミスっといてよかったね」

「これ、完了形やってるとみんな、引っかかりがちだから気をつけて。普通の一般動詞のhaveの文はdoやdoesをつけて疑問文。Hちゃんの場合、ルールは理解できてるから、自分でしっかり、何の文かを意識してから解答してね。」

そのまま理科のワークの、わからなかった問題の解説。

休憩を取らずに突っ走ります。

数学の証明問題、そして平方根。
相変わらずのルート4!

「それダメ!何度もやってるよ、意識して気をつけて!」

「平方根の乗除計算する時に、4つ、意識してね。有理化、約分、aルートbの形に直す、同じルート同士かけ合わせたらルートが外れる。」

Hちゃんも、集中力をとぎらせることなく、きっちりついてきますし、やはり
こういう授業が私にとっては一番やりがいがあり、楽しいです。

最後に、試験前日にやるべきことを指示して、試験前指導終了。

お母様いわく
「1時くらいまでは頑張ってるんだけど、そのあとになると厳しいよね」
「やらなきゃ~って気持ちはすごくあるんですけど」と本人。

「あんまり遅くまでやるよりも、一時間早く起きられるなら起きて、その分朝やった方が吸収度がいい感じがする。私、高校の時、朝早く起きてやってたんです。中学の時は徹夜型だったんですけど、結局、朝やり直してから試験受けた方が、効果があったので、おススメです」

「今回、それを試してみよっか!」


当然のことなのですが。
毎回思うことなのですが。

例えば、Hちゃん。試験前には夜中過ぎまで勉強しているわけです。
それに対して、Fくんは試験前でも10時頃には寝ているわけです。
試験前でも普通にテレビを観る、と知った時は驚きました。

試験週間でも、生活が変わらない生徒って多いのでしょうか。
私は、日頃からコツコツ勉強するようなタイプではなかったので、試験週間は時間との闘いでした。
当然、テレビを観る時間等どこにもありませんでした…。
学習障害云々の前に、試験週間でも、テレビを観て、夜10時に寝ていたら
そりゃ勉強できないだろう…と思います。

通常の日々と、試験週間、をきちんと区別して、娯楽のツールについては一定のルールを定めるなど
「試験」というものに向き合うための環境作りも必要だと、私は思っています。
本来、中学に上がった時点で、これからは定期テストというものがあり、それは、学習内容の定着度を確認するだけではなく、自らの将来を左右する大切なものなのだ、という認識を持つ環境作り、でしょうか。

勉強の出来る子は、勉強の質が良いのは勿論のこと、やはり勉強をしている時間も長いのですよね。
そして、将来的な展望のために、「少しでも良い点を取りたい」という欲があるから当然、テレビを観ようとも思わないですし、そんな時間もない。
出来ない子は、出来ない上に、勉強している時間も短い。
更に「欲」もないので、尚更、差が開くばかりなのだと思います。

勉強のできる出来ない、は、確かに、目の前の問題が解けるか、解けないか
の差でもあるのかもしれませんが、それ以前に、精神力の差だと思うこの頃。


かつてある国家難関資格にストレート合格したある人が言っていました。
「ストレートで来たって、なんかすごいことに思えるかもしれないけど、どっかで人と差つけるしかない。
人が遊んでる時に勉強してた。大晦日の夜から、元旦の朝にかけて、とか、さすがにこれはやってないだろ、と思う日に、ずっと勉強してた。そうやって少しずつ小さな差をつけようとしてきた。もっと才能のある奴もいただろうけど、そうやって、周りがやってない時も勉強してた、っていう思いは自信にもつながるんだと思う」

そんな話だったと思いますが。


上手く言葉にできないのですが、勉強に向かうための環境と意識も含め、ある程度の精神力が培われているかどうか、は大切なことのような気がします。






nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

エイミー

>tyuuriさん
ナイスありがとうございます。
by エイミー (2011-06-22 00:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。